自分だけのオリジナルポロシャツを作ってみよう

オリジナルポロシャツを作ろう【自分と皆の思い出を形に】

オリジナルポロシャツの作成方法とは

自分で楽しく作成

オリジナルポロシャツは、自分で作成することができます。市販のポロシャツに布用のインクを使用することで、簡単に作成できます。しかし、一般の人ではどうしても出せない色や、布にインクが定着しないなどのトラブルもあります。

業者に頼んで完成を待つ

同じデザインのオリジナルポロシャツをたくさん作りたいのなら、業者に頼んでしまうのが早く出来上がります。また、プロが作成するため、素材の心配もいりません。しかし、少数を作成する時などは自分で作るより料金が高くなってしまうことがあります。

オリジナルポロシャツを利用する場面

no.1

クラスの皆で一致団結

オリジナルポロシャツが利用される堂々の第一位は、学校などでのクラスTシャツです。同じクラスになった皆との思い出や、運動会などでの一致団結する行事には欠かせないものとなっています。

no.2

地域の青年会メンバー

二位に選ばれたのは、地方で地元のお祭などを盛り上げてくれる青年会です。同じポロシャツを着ていることですぐに分かるため、目印にもなります。

no.3

職場のユニホームとして

最近は職場の仲間でスポーツ大会に出たりする人も増えてきました。その為、士気をアップさせる目的も兼ねて同じポロシャツを作ることから三位に選ばれました。

no.4

自分がデザインしたものを皆へ

自分のイラストをオリジナルポロシャツにプリントして販売する方法が四位に選ばれました。ワンポイントのイラストにしたり、イラストのサイズを小さくしてまだらにしたりと楽しむことができます。

no.5

家族の写真を思い出として

なかなかユニークなのが家族写真をプリントしたオリジナルポロシャツです。赤ちゃんの1歳祝いや、おばあちゃんの米寿祝いなど、様々なお祝いの写真をポロシャツにして家族で共有するのもいいことです。

自分だけのオリジナルポロシャツを作ってみよう

ポロシャツ

ほかにはない自分だけのポロシャツ

自分でオリジナルのものを作ってみたいと思う人は多いです。でもどんなものを作ったらいいのか悩んでしまいます。そんな時、簡単に出来るのがオリジナルポロシャツです。自分で市販のポロシャツを買ってきて作ってみたり、業者に頼んでみることも出来ます。

デザインする時は気をつけて

オリジナルポロシャツを作る時には、デザインを注意しましょう。芸能人の写真だったり、有名ブランドのロゴ、雑誌などに掲載されていた歌詞などの文字も、勝手に使ってしまうと法律で罰せられてしまいます。

プリントに適さない素材

自分でオリジナルポロシャツを作成する際には、使用するポロシャツの素材に気をつけましょう。ポロシャツのほとんどがポリエステル素材かそれに綿が混ざったものとなります。ポリエステルとインクジェットプリントは相性がとても悪く、うまくプリントができません。逆に一番プリントに適しているのは綿100パーセントのポロシャツです。

広告募集中